menu

「赤い海賊&あーたん」マニア撮影2.0 第六回 自己メディアで発信する 素人マニアカップルドキュメント

赤い海賊&あーたん

ダブル不倫

インターネット上に自ら撮った写真、動画をアップし発信するマニアカップルから、その活動について聞く連載も今回で第六回です。今回ご登場されるのは投稿雑誌にはじまり、SNS、現在はファンクラブサイトでのサブスク運営と、投稿マニア活動の最先端であり続ける赤い海賊&あーたん氏がご登場。ところ変っても変らない、スカトロまで突き詰めたアブノーマル志向と、これまで培ってきたマニア遍歴、変遷のすべてを語るインタビュー。不倫関係の制約で、今回が形式ばった取材初出演とのこと。誰もが聞きたかった二人の真相に迫る。

デラべっぴんよりはニャン2倶楽部Z

-本日はありがとうございます。最初に確認させて頂きますが、お名前の赤い海賊というのは、お二人を指す名前なんでしょうか?

赤い海賊(以下、赤):よろしくお願いします。いえ。ぼくが赤い海賊、彼女があーたんですね。

-かしこまりました。ではまずは人となりとして、ご関係は不倫と伺ってますが。

赤:そうです。ダブル不倫。

-どういったきっかけから?

赤:きっかけは会社に後輩で入ってきたんです。それで仕事を教えているうちに…。

-エロいことも教えるようになった、と。

赤:エロいことも、というか仕事中にちょっと触っても拒否しなくて。

-あ!ということは一番最初は社内でのセクハラからなんですか(笑)?

赤:まぁ、嫌がらなかったからただの「セク」なんですけど。

-なるほど。ハラスメントではない。

赤:ハラスメントじゃない。お尻を触ったり胸を触っても嫌がることはなかったので。

-あーたんさんは何故嫌がらなかったんでしょう?

あーたん(以下、あ):なんか、すごい好きだなーって思っちゃって。仲良くなりたいなーって。

-それは何年前くらいですか?

赤:11~12年前くらいですね。当初、ぼくは結婚していて彼女は結婚してなかったんですけど。なので最初は、あーたんはぼくの不倫相手、ぼくはあーたんの浮気相手だったんです。

-え!?それはどういうことですか?

あ:その時に結婚を決めた彼氏はいたんです。

-それが今の旦那さん?

あ:そうです。でもその時は独身だったので、別に彼じゃなくても…。

赤:いくらでも奪ってくれって言ってたんですけど、ぼくが結婚して子供も居たんで。それでもしあーたんと結婚していたら、ずっとソープに勤めさせたり、ハプバーに毎月のように行ったりとか出来たのかな、と思うんですけど。

-それじゃ今はお互いに家庭は二番手で、この関係の方が大事になってます?

赤:今はそうだよね。

あ:笑

-でもあーたんさんが結婚されるってなった時に反対はされなかったんですか?

赤:元々、彼氏というよりも婚約してるみたいな感じだったし、ぼくにも家庭がありましたしね。多分、ぼく変態というかネトラレ癖があるんですよ。結婚当初は二人でセックスする時にぼくのことを旦那の名前で呼ばせたりしてました。

あ:ありましたね。

-旦那さんの性癖はノーマルなんですか?

あ:全然、ノーマルです。

-ではもし赤い海賊さんと出会わず、今の旦那さんとの結婚だけだとしたら、変態な世界には入らなかった?

あ:多分そうですね。

赤:だって彼女、ぼくと出会うまでの付き合った人数2人くらいで、ぼくで3人目とか。

あ:付き合ってた時はそれなりにホテルとか行きましたけど、結婚してからはずっとしてなくて。

-今はセックスレス?

あ:当たり前ですね。全然裸も見られてないので、だからパイパンにしても、淫文字シール貼ってもバレないです。

-思う存分、痕が残るプレイも出来ると(笑)赤い海賊さんの奥様もノーマルなんですか?

赤:ノーマルですね。一応、提案してみたことはあるんですが、嫌だと。

-では、それまで変態プレイをしたいという思いをずっと持っていて、出来るパートナーを探していたみたいなところはあるんですか?

赤:ありましたよ。アップル写真舘やニャン2倶楽部のような雑誌で、素人さんが外で裸になって、みたいなのを見ていいなっと思ってました。

-そういう願望はいつ頃芽生えたんでしょう?

赤:高校生くらいの時に、コンビニにエロ本がいっぱい並んでて。その中で、デラべっぴん※1よりはニャン2倶楽部Zの方が自分的にクルものがあって、でもマニア倶楽部ほどではなかったので、その間くらい(笑)だから外でスッポンポンにするくらいはしてみたいと思ってました。

※1デラべっぴん:英知出版(現メディアックス)から出版されていたアダルト雑誌。1985年創刊-2004年休刊。宇宙企画創業者・山崎紀雄がメディアミックスのために立ち上げた雑誌というだけに、美麗なグラビアをA4大判で魅せることに拘った。大雑把に分けると、デラべっぴんは「目線無し プロ(アイドル/AV女優) グラビア」。ニャン2Zは「目線有り 素人 ハメ撮り」。マニア倶楽部「目線有り 素人 アブノーマル(特にSM)」。

-それで実際に願望が叶えられたのはあーたんさんがはじめて?

赤:はい。それまではなかったです。

-あーたんさんはそういう性の芽生えみたいなものは?

あ:そういうのは全然なくてオナニーも高校生くらいで。

-でしたら、初体験は?

あ:それも遅くて専門学校の時。

-セックスがいいモノだっていう感覚も?

あ:それも無くて。相手にしよっかって言われるからいいよって感じでした。

-今は気持ちいいと思ってますか?

あ:はい。それはもちろん。

-やっぱり赤い海賊さんと出会ったから?

あ:はい、そうですね。はじめてイッたのも彼です。

-それで嵌ったわけですね(笑)では投稿雑誌の存在はご存知でした?

あ:私、全然しらなくて。まぁ軽くいいよ、と。顔は出ないって言われてたので。

-アブノーマルなプレイをすることに対しての抵抗はなかったんですか?

あ:最初はちょっと嫌がってたよね。何が嫌だったかな。

赤:実は最初にラッキーなことがあって。どうしても3Pがしてみたくて彼女に頼んだんですね。それで一回だけならいいよとなったんです。そうしたら、若くて筋肉質で態度も紳士的でセックスも上手いみたいなイケメンさんが来たんです。

あ:それでその人がすごいリードしてくれたのでされるがまま。彼がどうしてもって言うから彼の為にしようと思ってたのが気持ちよくて(笑)

-その3Pでは赤い海賊さんもガッツリ参加されたんですか?撮影に徹するとかでなく?

赤:そうですね。その時は3人で。…というより、写真に関して当時は今みたいにスマホで撮ってgooleフォトにアップして手元からはデータを消せば残らないって世の中じゃないですから(笑)iモードカメラでちょっと撮って、隠しフォルダに入れとくってくらい。番号入力しないとフォルダが出てこないっていう、既婚者にはありがたいパナソニックのスバらしい携帯がありましたね(笑)

-その時の写真は、投稿するつもりで撮られたんですか?

赤:いえ、投稿するつもりはなく。でも、はじめて彼女とセックスした時にも裸撮らせてって言ったらいいよ、って撮らせてくれましたしね。

あ:え!でもすごい恥ずかしかったですよ。

この日は二人の地元に単独男性を集めて、赤い海賊氏の趣向である鞭、蝋燭などを多用したアブノーマル輪姦を慣行。単独男性はコアコア特設サイトを通じてツイッターで募集を行った。

やっぱり承認欲求ですよ

-では、プレイとしてはハメ撮りが最初ですか?

赤:裸の写真を撮って、ハメ撮りですかね。それで3P。そこから他人のモノをシャブっているところを撮らせてもらったりとか。

-そこまでは割とすんなり受容れていったんですか?

あ:その前からすごい、したいしたい、と話を聞いてたのでだからまぁ。

赤:でも、ぼくからしたいと言っても、ダメな人は絶対ダメって言うじゃないですか。それが「えー、恥ずかしい」みたいな感じで、嫌だ、はなかったんですよ。

-ただ、そこから雑誌投稿をするとなると、そこはいかがでした?

あ:投稿するっていう時に、なんか承諾書をたくさん書くじゃないですか。

-それは、投稿を受け付ける雑誌社からの、写真と同封する同意書類ですね?

あ:はい。あれで、女性も署名するところがありますよね? それを彼と一緒に書いて、ここまでちゃんとしてるならと思ったというのが。

赤:それで投稿したら謝礼がもらえるから、そのもらったお金でキレイで広いラブホ泊まれるよ、だからお前の裸でお金稼いでって(笑)

-まぁ、わずかでもお金になるっていうのは理由のひとつではあると思いますが、投稿される一番の動機ってなんですか?

赤:やっぱり承認欲求ですよ。裸を見て可愛いって言ってもらいたい。それはツイッターと同じだと思います。例えば輪姦でも、こんな清楚っぽいどこでもいそうな人が、6Pや7Pしてブッカケられたりゴックンしたりするのを見た参加者さんから羨ましいって、こういう人と出会いたかったって言われるとすごい嬉しいです。

-彼女自慢みたいな感覚もあるんですか?

赤:ありますね。輪姦の時は特に。ここ何年かは首輪を付けて外を裸散歩するだけでオマンコがビショビショになっちゃって。

あ:(笑)そう、自然とね。全然意識してなかったんですけど。

申し訳ないんですが、絶対に寝取られない自信があります

赤:体調不良以外はNGがないんですよ。咽喉を痛めたから今日はイラマできないとかならありますけど、精神的に嫌なことで嫌だっていうのは聞いたことがない。

あ:つい頑張っちゃうんですよね。

赤:あ!でもひとつ。ぼくが他の人にフェラされた時は二度と見たくないって言いましたね。やっぱりスワップしたいと思うんですけど、絶対嫌だ!と。

-それはどういう感情から?

あ:いやー、すごい嫉妬ですね。私以外にさせないでみたいな。

-自分が他人からされているのを見られている時は?

あ:それは、すごい喜んでくれるので、した方がいいのかなって。でも私も、私の見てないところでするなら行っていいよって言ってるんですけど。

-あーたんさんが赤い海賊さんのいないところへ貸し出したことはあるんですか?

あ:ありますね。何回も輪姦に来て信用がある人だけですが。

-その時の海賊さんの気持ちとしては、もし本当に寝取られてしまったらと思うと興奮するというものですか?

赤:あー。それは本当に申し訳ないんですが、絶対に寝取られない自信がありますね。

-それはなぜ(笑)?

赤:うーん、好かれてるから(笑)

-でも例えばですが、寝取られ癖の方で、予定調和ではつまらないから本当に寝取られるかもしれないというのに興奮する、と聞きますが。

赤:でも絶対ない気がするなー。極論、うんこ食えって言ったらおそらく食べますよ。今は、スカトロする時は彼女が出したものを身体に塗ったり食べたりしてるんですけど、ゆくゆくはぼくの出したものもいけると思います。

あ:うーん。今はまだ無理かなー。

-でしたら、投稿に関してはじめて雑誌に載った時は、どのような感想をお持ちになりました。

赤:おお!すげえ!と思いましたよ。嬉しかったです。最初はたしかニャン2だったと思いますが、全国誌ですもんね。

-その時にSNSはされてたんですか?

赤:ぼくスマホを持ったのが遅かったので、ツイッターはここ3、4年だと思うんですよ。なので、まずは雑誌投稿だけの期間がありました。それで、アップルさん、投稿キングさんほとんどの雑誌には載せて頂きました。

-そこで雑誌投稿で載ることが当たり前というとなんですが、送れば載るということが分かって、気持ちの変化はありましたか?

赤:ぼくって、どこの雑誌でもそうなんですが「半年分です」って六ヶ月間の全データを送るんですよ。それで雑誌によって選ばれる写真が全然違って、編集さんによってこんなに違うんだなっていう楽しさがあったんですけど。

-少し話を戻しまして、今現在使われているSNSを整理したいので、挙げてみて頂けますか?

赤:最近ですとマイファンズ※2、ツイッター、FC2には1本だけ動画を上げましたけど放置してて、あと単独さんを募集する時にナンネットを使ってます。

※2マイファンズ:赤い海賊氏ファンクラブ→決してノーマルではない赤い海賊

-では、それまでの雑誌投稿なら他者が何を載せるか決めますが、SNSだとすべて自分で選ぶことになります。それでマイファンズでもなんでも、アップする時に意識することってありますか?

赤:ぶっちゃけ適当ですよ(笑)

-(笑)ええ!でも雑誌に掲載されたものを見て、この写真の方が絶対エロいのにと思ったりとか。

赤:ありますあります。

-そうすると自然、そこに自分が表現したいことが出てきたりは?

赤:うーん。今はツイッターなんかマイファンズの宣伝でしか使ってなくて、マイファンズは一からなんで、投稿雑誌にすでに送ったものも含めて過去から順番に上げている感じですから。

-さきほどの承認欲求という話を伺って、特別これを見て欲しい、というものに多くのいいねが付いたりすると喜びがあるんじゃないかと思うんですが。

赤:それは別ですね。というのも、雑誌投稿はプロに認められて載るわけじゃないですか。そうして今回のインタビューなんかのお話が来たり、それはそれで欲求の承認。一方、素人の方にいいねや投げ銭してもらうのも単純に嬉しいですし比べて考えたことないですね。

-なるほど。ちなみに本当に見てほしいと考えるあーたんさんの姿って何になりますか?

赤:それは物理的に無理なんですが、アヘ顔、出来上がっちゃった時、イッチャった時の顔がエロいのでそれは見てほしいですけど無理なんで。

-確かに。目線がありますから無理ですね。それは本当にその場にいないと見られない。

赤:そうですね。

-金額は結構なんですが、今現在、投稿雑誌とマイファンズを比べてどちらの方がお金になってますか?

赤:それはマイファンズです。おかげさまで先日、そのお金で金沢~富山までの旅行に行かせて頂きました。もちろん、何ヶ月分かの収益を貯めてですが。

うんこは汚いものだけど、彼女から出てきたんだからなんでもいい

-それは素晴らしい(笑)ではこのインタビューをさせて頂くきっかけとして、コアコアに映像をご提供頂いた元アップル写真舘編集長の佐藤さんの映像で赤い海賊さんのご投稿があって、その中で印象的だったのが、その映像ではあーたんさんがオムツをしてそこに脱糞、その後、その出したうんこを体中に塗ってるんですけど、そのうんこ塗れのおっぱいを赤い海賊さんは何もないかのように舐め取って、しかもその最中ずっとフル勃起してるっていう内容で。うんこされるマニアの中でも、そんな方なかなか居ないなって思ったんですね。

赤:はい、よく言われます。うんこ塗れで勃起してるってマニアさんからも言われます。

-すごく低レベルで素朴な質問なんですが、スカトロって何がいいんでしょうか?

赤:ここまでしてくれる、ぼくのためにここまで汚れてくれる、ということです、ぼくの場合は。

-うんこが好きというわけではない?

赤:他の人のは絶対嫌です。一度、ぼくのモノを出して彼女の胸に置いたことはありますけど塗ったことはないです。

-それはやっぱり汚いからですか?

赤:うーん、そう考えると逆かな。彼女のは汚くない。

-うんこは基本汚いけど…

赤:そう。うんこは汚いものだけど、彼女から出てきたんだからなんでもいい、という。生理の血も舐められますし、うんこ自体も食べられますし、だからうんこ塗れでキスするくらい全然なんてことはないです。

-ということは、うんこで勃っているわけではなくて、あーたんさんのうんこなら萎えないということですか?

赤:うんこで勃ってもいるかな…、両方ですね。

-うんこで勃ってもいるんですね(笑)

赤:ここまでしてくれてるんだっていうアブノーマル感。まぁあと、よく人からは匂いが無理って聞きますけど、ぼくにとって彼女のうんこの匂いはポジティブな匂いなんで。

-実際やってみると。確かにAVに匂いありませんもんね。ではスカトロもののビデオとかは見ないですか?

赤:そんなに見ないですけど、数回くらいは。その影響もあってやってみたくなったのかな。

-見た時は射精まで行くんですか?

赤:もちろん。

-あーたんさんはうんこについては?

あ:苦手です。出来ればやりたくない。

赤:そういうこと言うなよ(笑)

あ:うーん(笑)なかなか慣れないですね。

-その、元々高校生の時に持った願望からやりたかったことを徐々に叶えていっていると思うんですけど、うんこっていうのは元々やりたかったことなんですか?

赤:そんなには…、やり尽くしたからこそなのかも知れません。先は蝋燭だと思います。ただ縛りはそんなに学ぼうと思わなかったです。

この日の撮影も限界超えの量の蝋燭と壮絶な鞭が振るわれた。

さすがに警察官は勃起チンポは送って来ないだろうと(笑)

-では複数についてですが、単独さんを募集する時、今はどうやって?

赤:ナンネットを使ってるんですけど、まずはリピーターさんに声を掛けます。12、3人に一斉に声を掛けて、そこで5、6人集まればそこで募集は締め切ります。それで集まらなかったらナンネットの掲示板に書き込みます。ツイッターでは募集したことないですね。

-集める際の基準を教えて下さい。

赤:まず顔写真を送ってくれる人。あと勃起チンポを送ってくれる人。

-あーたんさんは真性包茎はNGなんですよね?

赤:というより、さすがに警察官は勃起チンポは送って来ないだろうと(笑)この2つは必須です。

-なるほど(笑)ネットパトロールだとしても。では、このインタビューを読んだ人でぜひ参加したいと思った人向けに、こうすれば選ばれやすいみたいなアピール方を教えてあげてほしいんですが。

赤:アピール…。ちゃんとその日に来てくれる人だったらいいです。こちらは家庭もあって、活動時間が限られて山梨から出られませんので。あとは、来てからの話ですが、輪姦なのに周りを見ずにずっとひとりで独占しちゃう人は次から呼ばない。あとNG行為をやる人。それくらいですかね。

-こう言うとなんですが、社会人として最低レベルの約束事でいいんですね(笑)

赤:そうですね。もう参加が決まったら風俗と思って遊びに来てもらって構わないです。

-え!それは珍らしい考え方のような。

赤:そうですか?だっておもいっきりダイレクトに言う人いますよ。「当たりです!もし風俗だったら絶対リピートします」みたいな。でも目線がない方が可愛いって言われたら嬉しいですよ。

-そんな言われ方でムカつかないですか?

赤:いやだって、ハズレって言われるよりいいでしょう?

-確かに…。

赤:あれ、何だっけ?みんなの?

あ:肉便器。

-いいですね(笑)ただ他の貸し出し輪姦されている方の感覚としては、やっぱりカップルさんが一番高いところにいて、一段下に単独さん、みたいな方が多い気がします。

赤:あー、確かに。カップルさんがソファに座って、単独さんは横並びで床に正座、許可があるまで女性に触れないみたいな話聞いたことあります。ただ、うちは全然そんなことないですね。ほんとにね、スッキリして帰ってもらえたらそれでいいんで。

-なるほど。でもそこまでじゃないにしろ、俺の女に勝手に触るなよみたいに思うことも?

赤:ないですね。だって今日も会った時に言いましたよね?「好きに触って下さい、触りたい放題なんで」※3って。

※3:このセリフは赤い海賊&あーたんマニア撮影2.0動画の冒頭にバッチリ収録されてますのでご確認下さい。【蝋燭・鞭・小便浴び】赤い海賊&あーたんアブノーマル輪姦密着

あ:うん。フラットだよね。友達みたいな感じ。

何かアドバイスがありましたらお願いします

-なるほどですね。では、そのプレイに関して、どういう内容をするとかどういう雰囲気にしたいっていうのはどうやって決めてますか?

赤:ぼくが決めてます。

-100%ですか?

あ:100%だよね。

-企画内容で何か参考にしているものはありますか?

赤:そんなにないかな。というより、我々より激しいプレイをやられてる他の投稿者さんは見ますけど、例えば、渋谷の真ん中で裸になって捕まっても、夫婦だったらいいですけどね(笑)今以上は求めないです。それで言うともし夫婦だったらソープ嬢にさせて「今日、何本ヤッたよ」とかいう毎日は過ごしてみたいですけど。

-プレイにあーたんさんの希望を入れたりは?

あ:ない。もうお任せでその時に言われたことを。それで嫌だったらちょっとなぁって言います。

-お二人がお付き合いされて12、3年とおっしゃってましたが、その関係の中でずっとプレイしてきて新たに芽生えてみたいなこともないですか?

あ:ないですね。もう全部やっちゃったから(笑)

赤:ぼくとしては目の前でレズってるところを見たいんですけど、彼女はぼくが他の女性の裸を見るのも嫌がるんで。

-なるほど。他の女性がいないプレイのみとなると。

あ:私に見えないところでやってくれるならいいですけど。

-では見てなければ浮気もOKなんですか?

あ:仕方ないと思います。してほしくはないですけど。

-もし海賊さんが浮気をしたら、隠してほしいですか、言ってほしいですか?

あ:うーん、言ってほしいかな。

赤:でも浮気をする必要がないですからね。だって、なんでもやってくれるんですよ。

-でしたら活動の目的として一番大きいものはなにになりますか?

赤:やっぱり彼女の裸を見せたい、かな。

あ:私を見てもらいたいってこと?

赤:そうそう。あとは、遠出して露出したりっていうのは彼女と思い出を作るために。

-ではマイファンズってこれまでの投稿とは違って、月極めのいわゆるサブスクで毛色が違いますが、はじめられたのは何かきっかけがあったんですか?

赤:ツイッターを見てて、ぼくらがはじめた時はまだCandfansが流行ってたんですけど、色んなマニアさんがやっていて、それを見てですかね。それで例えば年間10万円、月に1万円でも稼げればいいかなってくらいの動機です。

撮影の模様はリアルタイムでコアコア公式ツイッターで随時更新。フォロワーも疑似輪姦を楽しんだ。

-承知いたしました。そこで質問なんですが、今20代とかの若いカップルがハメ撮りをしていて、他人に見てもらいたいって思った時、恐らく投稿雑誌は選択肢にないと思うんですね。そもそも見たこともないかも知れない。そこでいくとお二人は、投稿誌からSNSを経て現在はサブスクと、その変遷を経験されてますが、その中で一番大事にされていること、モットーみたいなことってありますか?

赤:確かに、投稿誌はもう難しいでしょうね。コンビニに置かなくなったから。で、モットーって言うと、リアルタイムで見てほしいってことですかね。

あ:そう、最新の私を見てもらいたいよね。

赤:最近も少し体調を崩して、間が空いてたんですけど、それで再開したら「痩せましたね。でも元気そうで良かったです」って反響が来るんです。そういうのは嬉しいですから、やっぱりフォロワーさんは大切にしたいです。

-その長く続けてる理由はなぜなんでしょうか?

赤:投稿するしないに関わらず、まず撮らないってことがないですから。まぁ投稿は大体しますけど。あと、月に2回くらいしか会えないですから、その時に撮る、それで会えない間に時間があるんで投稿やアップする、そうしたら思い出も含めて多少のお金になるんでまた遊びに行けるっていういいループになってますんでね。

-確かにそれは止める理由がないですね。ところでもし撮影をしないとしたら純粋にしたいプレイはなんですか?

赤:うーん。必ず撮るんで考えたことがない(笑)

-でも、撮影の場合は誰かがカメラを持つ必要があったりという制約があるじゃないですか。そういうものが何もないとしたら?

赤:制約ということで言えば、法的な制約が無ければ露出ですね。

-なるほど。お二人の一番コアな部分はやっぱり露出なんですね。では最後になりますが、これから二人でヤリたいプレイって何かありますか?それで締めさせて頂ければと。

赤:うーん。もうやり尽くしてますからね。ちょっと逆質問で申し訳ないですが、他のカップルさんがやってて、ぼくらがやってないことってなんかありますか?

-確かに、ないかも知れませんね。でしたら、これを見ている読者さんに募集したらどうでしょう?何か、お二人にやってほしいことを。

赤:そうですね。不倫関係、お泊り不可という条件で、何かアドバイスがありましたらお願いします。

-ぜひ、ご覧の方でアイデア募集致します(笑)

赤い海賊&あーたん(Twitter)https://twitter.com/red_1293
動画のご購入はこちら→【蝋燭・鞭・小便浴び】赤い海賊&あーたんアブノーマル輪姦密着

「HAL&璃子&梨夏」マニア撮影2.0 第五回自己メディアで発信する 素人マニアカップルドキュメント

「FORTE&カリナ」マニア撮影2.0 第七回 自己メディアで発信する素人マニアカップルドキュメント

関連記事

  1. 「HAL&璃子」マニア撮影2.0 第三回「HAL…

    HAL&璃子HAL氏が東京、璃子さんが九州での遠距離。出会って17…

  2. 「tkzxcvbil」マニア撮影2.0 第四回 …

    tkzxcvbil:37歳、みえさん:38歳出会いから8年、現在、…

  3. 「FORTE&カリナ」マニア撮影2.0 第七回 …

    FORTE&カリナ結婚10年目夫婦。子供が三人。第七回…

  4. 「変態仮面&ゆいママ」マニア撮影2.0 第二回自…

    変態仮面&ゆいママ変態仮面氏37歳、♀ゆいママ41歳。付…

  5. 「HAL&璃子&梨夏」マニア撮影2.0 第五回自…

    HAL&璃子&梨夏インターネット上に自ら撮った写真、動画をアップし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP